東邦大学学術リポジトリ 東邦大学
ホーム お問い合わせ ログイン
| ホーム ニュース |

Language

検索

     詳細検索

インデックスツリー


詳細



閲覧数:2832
ID 00978539
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
本文 TOIZAG060004204.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 508.2 KB
Last updated : Sep 5, 2013
Downloads : 14631

Total downloads since Sep 5, 2013 : 14631
タイトル 第142回東邦医学会例会:特別講演:前立腺癌に対するホルモン療法のパラダイム・シフト
別タイトル
142nd Regular Meeting of the Medical Society of Toho University Special Lecture:A paradigm shift in hormone therapy for prostate cancer
著者
鈴木, 啓悦 (Suzuki, Hiroyoshi)
東邦大学医学部泌尿器科学講座(佐倉)
[役割]Author
出版地 東京
出版者 東邦大学医学会
上位タイトル
東邦医学会雑誌 (Journal of the Medical Society of Toho University). Vol.60, No.4  (2013. 07) ,p.204- 212
識別番号
ISSN
00408670
JaLCDOI info:doi/10.14994/tohoigaku.60.204
NII論文ID http://ci.nii.ac.jp/naid/120005318030
医中誌ID http://search.jamas.or.jp/link/ui/2014016419
抄録 1940年代にHuggins博士が,前立腺癌患者の両側精巣摘除をしてアンドロゲンを低下させると,癌による症状が緩和されることを発見し,この功績により,1966年にノーベル医学生理学賞を受賞した.以来70年にわたり,前立腺癌に対するホルモン療法の基本的な概念は変わっていない.しかしながら,外科的精巣摘除術のみであったホルモン療法も,徐放性luteinizing hormone-releasing hormone(LH-RH)アゴニストやアンチアンドロゲン剤などの開発などが進み,間欠的ホルモン療法やcombined androgen blockade(CAB)療法など多様な選択肢が用意されてきた.ホルモン療法が多様化したこともあり,再燃癌の定義自体困難になってきた.このような背景の中,2008年頃から,去勢抵抗性前立腺癌(castration-resistant prostate cancer:CRPC)という用語が広く用いられるようになってきた.さらに精巣のみならず,アンドロゲン産生臓器である副腎や前立腺でのアンドロゲン抑制をターゲットとしたandrogen targeted therapyという概念も新薬の開発によって浮上してきた.本稿では,ホルモン療法の現状と,新薬の登場によりいかにその概念が変化してきたかに関して述べる.
Since the discovery of the clinical effects of androgen deprivation therapy for prostate cancer by the 1966 Nobel Prize winner Charles Huggins, the basic concepts of hormone therapy have not changed. However, in addition to surgical castration, development of novel hormonal agents such as luteinising-hormone-releasing hormone(LH-RH)analogues and antiandrogens has yielded new hormonal treatment modalities[intermittent hormonal therapy and combined androgen blockade(CAB)], and it is in this medical context that a new medical term―castration-resistant prostate cancer(CRPC)―has been widely used since 2008. In addition, androgen-targeted therapy was developed to suppress androgens produced by the adrenal glands and prostate, in addition to those produced by the testes. This review describes the current status and future direction of hormone therapy for prostate cancer.
キーワード
前立腺癌
ホルモン療法
去勢抵抗性前立腺癌
間欠的ホルモン療法
androgen targeted therapy
prostate cancer
hormone therapy
castration-resistant prostate cancer
intermittent hormonal therapy
androgen-targeted therapy
注記 総説
言語
jpn
資源タイプ TOHO University Scholarly Publication
ジャンル Journal Article
著者版フラグ publisher
アクセス条件 東邦大学医学会
Index
/ Public / 東邦医学会雑誌 / 第60巻 / 4号(p.185-246)
関連アイテム


RIKENThe XooNIps Project