東邦大学学術リポジトリ 東邦大学
ホーム お問い合わせ ログイン
| ホーム ニュース |

Language

検索

     詳細検索

インデックスツリー


詳細



閲覧数:2273
ID 00027544
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
本文 TOIZAG059004174.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 654.6 KB
Last updated : Jul 22, 2013
Downloads : 9101

Total downloads since Jul 22, 2013 : 9101
タイトル 腹膜悪性中皮腫:本邦報告例および自験例の検討
別タイトル
Peritoneal malignant mesothelioma: Analysis of cases at Toho University and in Japan
著者
菊池, 由宣 (Kikuchi, Yoshinori)
東邦大学医学部教育開発室, 東邦大学医学部内科学講座消化器内科学分野(大森)
[役割]Author
岸本, 有為 (Kishimoto, Yui)
東邦大学医学部内科学講座消化器内科学分野(大森)
[役割]Author
伊藤, 謙 (Ito, Ken)
東邦大学医学部内科学講座消化器内科学分野(大森)
[役割]Author
塩沢, 一恵 (Shiozawa, Kazue)
東邦大学医学部内科学講座消化器内科学分野(大森)
[役割]Author
大塚, 隆文 (Otsuka, Takafumi)
東邦大学医学部内科学講座消化器内科学分野(大森)
[役割]Author
渡邉, 学 (Watanabe, Manabu)
東邦大学医学部内科学講座消化器内科学分野(大森)
[役割]Author
五十嵐, 良典 (Igarashi, Yoshinori)
東邦大学医学部内科学講座消化器内科学分野(大森)
[役割]Author
住野, 泰清 (Sumino, Yasukiyo)
東邦大学医学部内科学講座消化器内科学分野(大森)
[役割]Author
中野, 弘一 (Nakano, Koichi)
東邦大学教育・研究支援センター
[役割]Author
坪井, 康次 (Tsuboi, Koji)
東邦大学医学部教育開発室
[役割]Author
publisher
出版地 東京
出版者 東邦大学医学会
上位タイトル
東邦医学会雑誌 (Journal of the Medical Society of Toho University). Vol.59, No.4  (2012. 07) ,p.174- 182
識別番号
ISSN
00408670
JaLCDOI info:doi/10.14994/tohoigaku.59.174
抄録 背景:腹膜悪性中皮腫は胸膜悪性中皮腫と比較して症例数が少ないため十分な臨床研究がされておらず標準治療は確立されていない.われわれは本邦で報告された腹膜悪性中皮腫の症例報告を集積し,各治療における生存期間を検証し,自験例をふまえて予後および治療選択の検討を行った.対象と方法:1983 年以降,現在までに113 文献125 症例を集積した.統計学的解析を行うため生存期間が判明できる104 例を対象とした.結果:腹膜悪性中皮腫の生存期間中央値は12 カ月であった.切除可能な症例に対しては手術療法が化学療法と比較して有意に生存期間の延長を認めた.過去の症例集積検討では有効な化学療法としてgemcitabine+白金製剤の報告が多かった.結論:切除可能な腹膜悪性中皮腫は手術療法がもっとも生存率が高かった.化学療法を選択する場合には白金製剤+代謝拮抗剤は腹膜悪性中皮腫に対して有効と思われた.Background: As compared with pleural malignant mesothelioma, there have been fewer cases and hence fewer clinical studies of peritoneal malignant mesothelioma. Thus, there is no standard therapy for the latter disease. We reviewed survival time, prognosis, and treatment regimens for patients with peritoneal malignant mesothelioma in Japan and at our institute. Methods: We identified 125 cases from 113 reports of peritoneal malignant mesothelioma published after 1983. Among these, we analyzed 104 cases that had unambiguous data on survival. Results: Median survival time was 12 months. Among resectable cases, survival was significantly longer after surgical treatment than after chemotherapy. Chemotherapy with gemcitabine plus platinum agents was reported to be effective in a number of case series studies. Conclusions: Surgical treatment resulted in higher survival rates among patients with resectable peritoneal malignant mesothelioma. Chemotherapy with platinum plus antimetabolite agents appeared to be an effective treatment for peritoneal malignant mesothelioma.
キーワード
腹膜悪性中皮腫
治療
予後
malignant peritoneal mesothelioma
treatment
convalescence
注記 原著
言語
jpn
資源タイプ TOHO University Scholarly Publication
ジャンル Journal Article
アクセス条件 東邦大学医学会
Index
/ Public / 東邦医学会雑誌 / 第59巻 / 4号(p.159-224)
関連アイテム


RIKENThe XooNIps Project