東邦大学学術リポジトリ 東邦大学
ホーム お問い合わせ ログイン
| ホーム ニュース |

Language

検索

     詳細検索

インデックスツリー


詳細



閲覧数:225
ID 69541792
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
本文 TOIZAG063003216.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 1.0 MB
Last updated : Nov 25, 2016
Downloads : 441

Total downloads since Nov 25, 2016 : 441
タイトル 第69回東邦医学会総会大森病院CPC 腹痛と呼吸困難の出現直後に心肺停止となった57歳女性
別タイトル
Case records (clinico-phathological conference) of the Toho University Omori Medical Center in the 69th Annual Meeting of the Medical Society of Toho University: A 57-year-old woman with abdominal pain and dyspnea immediately followed by cardiopulmonary arrest
著者
中川, 皓貴 (NAKAGAWA, HIROKI)
東邦大学医療センター大森病院研修医
[役割]Author
三上, 哲夫 (MIKAMI, TETSUO)
東邦大学医学部病理学講座
[役割]Author
一林, 亮 (ICHIBAYASHI, RYO)
東邦大学大森医療センター救命救急センター
[役割]Author
名取, 一彦 (NATORI, KAZUHIKO)
東邦大学医学部内科学講座血液腫瘍学分野(大森)
[役割]Author
藤代, 健太郎 (FUJISHIRO, KENTARO)
東邦大学医学部教育開発室
[役割]Author
澁谷, 和俊 (SHIBUYA, KAZUTOSHI)
東邦大学医学部病院病理学講座(大森)
[役割]Author
出版地 東京
出版者 東邦大学医学会
上位タイトル
東邦医学会雑誌 (Journal of the Medical Society of Toho University). Vol.63, No.3  (2016. 09) ,p.216- 224
識別番号
ISSN
00408670
JaLCDOI info:doi/10.14994/tohoigaku.2016.014
抄録 症例は57歳女性.腹痛と呼吸困難を訴えた直後に心肺停止となった.推定心肺停止時間35分間,波形無脈性電気活動(pulseless electrical activity:PEA)から心拍再開したが昏睡状態が持続しており,脳低温療法を開始した.しかし,動作時ミオクローヌス出現や第0病日の脳波でburst suppressionを認めたことから予後不良の低酸素脳症と考えられた.以降,徐々に酸素化不良となり第32病日に永眠した.本症例の死因として,肥大型心筋症に伴う心不全により心肺停止を来したと考えられた.討論終了後,肥大型心筋症を中心に,疫学,診断および治療について概説した.
キーワード
hypertrophic cardiomyopathy
N-cadherin
pulseless electrical activity
注記 症例
言語
jpn
資源タイプ TOHO University Scholarly Publication
ジャンル Journal Article
著者版フラグ publisher
アクセス条件 東邦大学医学会
Index
/ Public / 東邦医学会雑誌 / 第63巻 / 3号(p.173-262)
関連アイテム


RIKENThe XooNIps Project