東邦大学学術リポジトリ 東邦大学
ホーム お問い合わせ ログイン
| ホーム ニュース |

Language

検索

     詳細検索

インデックスツリー


詳細



閲覧数:259
ID 67610521
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
本文 TOIZAG063003195.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 512.4 KB
Last updated : Nov 25, 2016
Downloads : 697

Total downloads since Nov 25, 2016 : 697
タイトル 噴門側胃切除後の難治性狭窄に対し内視鏡下狭窄部切開ステント留置を行った1例
別タイトル
Endoscopic Myotomy with Temporal Stenting for Refractory Anastomotic Stenosis after Proximal Gastrectomy
著者
瓜田, 祐 (URITA, TASUKU)
東邦大学医療センター佐倉病院外科
[役割]Author
大城, 崇司 (OSHIRO, TAKASHI)
東邦大学医療センター佐倉病院外科
[役割]Author
鍋倉, 大樹 (NABEKURA, TAIKI)
東邦大学医療センター佐倉病院外科
[役割]Author
吉田, 豊 (YOSHIDA, YUTAKA)
東邦大学医療センター佐倉病院外科
[役割]Author
川満, 健太郎 (KAWAMITSU, KENTARO)
東邦大学医療センター佐倉病院外科
[役割]Author
門屋, 健吾 (KADOYA, KENGO)
東邦大学医療センター佐倉病院外科
[役割]Author
大城, 充 (OSHIRO, MITSURU)
東邦大学医療センター佐倉病院外科
[役割]Author
長島, 誠 (NAGASHIMA, MAKOTO)
東邦大学医療センター佐倉病院外科
[役割]Author
岡住, 慎一 (OKAZUMI, SHINICHI)
東邦大学医療センター佐倉病院外科
[役割]Author
加藤, 良二 (KATO, RYOJI)
東邦大学医療センター佐倉病院外科
[役割]Author
出版地 東京
出版者 東邦大学医学会
上位タイトル
東邦医学会雑誌 (Journal of the Medical Society of Toho University). Vol.63, No.3  (2016. 09) ,p.195- 200
識別番号
ISSN
00408670
JaLCDOI info:doi/10.14994/tohoigaku.2016.002
抄録 症例は40歳男性.噴門部早期胃癌に対し腹腔鏡下噴門側胃切除術,食道残胃吻合による再建を行った.術後21日目から認めた吻合部狭窄による通過障害に対して,内視鏡下バルーン拡張術(endoscopic balloon dilation:EBD)を全12回行ったが,いずれも短期間で再狭窄を来した.術後251日目に,内視鏡下狭窄部切開行ったうえで,ステント留置(endoscopic strictureplasty with stenting:ESS)を行った.ステント抜去後は経口摂取も可能となり,通過障害も解消されている.難治性の吻合部狭窄に対するESSは現在のところ保険適応ではないものの,非手術的な治療オプションの1つになりうると思われた.ABSTRACT: A 40-year-old man who underwent laparoscopic proximal gastrectomy and esophagogastrostomy for cardiac gastric cancer developed refractory anastomotic stenosis 21 days postoperatively. Although use of endoscopic balloon dilation (EBD) resulted in a successful short-term outcome, restenosis developed 2 to 3 weeks later. A total of 12 EBD attempts did not result in resolution of stenosis. We thus performed endoscopic strictureplasty with temporal stenting (ESS) for refractory anastomotic stenosis at 251 days after the initial procedure. The stent was removed 3 days after ESS because of intolerable nausea associated with stenting. After stent removal, the patient has been able to eat solid food. ESS is a potentially safe and effective method for treating refractory anastomotic stenosis after esophagogastrostomy.
キーワード
食道残胃吻合
吻合部狭窄
内視鏡下狭窄部切開
esophagogastrostomy
anastomotic stenosis
endoscopic myotomy with temporal stenting
注記 症例
言語
jpn
資源タイプ TOHO University Scholarly Publication
ジャンル Journal Article
著者版フラグ publisher
アクセス条件 東邦大学医学会
Index
/ Public / 東邦医学会雑誌 / 第63巻 / 3号(p.173-262)
関連アイテム


RIKENThe XooNIps Project