東邦大学学術リポジトリ 東邦大学
ホーム お問い合わせ ログイン
| ホーム ニュース |

Language

検索

     詳細検索

インデックスツリー


詳細



閲覧数:260
ID 48528964
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
本文 TOIZAG063003183.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 241.7 KB
Last updated : Nov 25, 2016
Downloads : 252

Total downloads since Nov 25, 2016 : 252
タイトル 第69回東邦医学会総会 シンポジウム:ユース世代に対する包括的なメンタルヘルスケア:東邦大学における取り組み 若者に特化したデイケア―イルボスコ
別タイトル
69th Annual Meeting of the Medical Society of Toho University Symposium: Integrated mental health care for youth generation in Toho University Omori Hospital The day care center for adolescent “IL BOSCO”
著者
舩渡川, 智之 (FUNATOGAWA, TOMOYUKI)
東邦大学医学部精神神経医学講座(大森)
[役割]Author
山口, 大樹 (YAMAGUCHI, TAIJU)
東邦大学医学部精神神経医学講座(大森)
[役割]Author
片桐, 直之 (KATAGIRI, NAOYUKI)
東邦大学医学部精神神経医学講座(大森)
[役割]Author
辻野, 尚久 (TSUJINO, NAOHISA)
東邦大学医学部精神神経医学講座(大森)
[役割]Author
根本, 隆洋 (NEMOTO, TAKAHIRO)
東邦大学医学部精神神経医学講座(大森)
[役割]Author
水野, 雅文 (MIZUNO, MASAFUMI)
東邦大学医学部精神神経医学講座(大森)
[役割]Author
出版地 東京
出版者 東邦大学医学会
上位タイトル
東邦医学会雑誌 (Journal of the Medical Society of Toho University). Vol.63, No.3  (2016. 09) ,p.183- 185
識別番号
ISSN
00408670
JaLCDOI info:doi/10.14994/tohoigaku.2016.r035
抄録 精神病において発症早期の適切な治療が,疾患の予後を良くするという報告は諸外国を中心に数多く報告されている.東邦大学医療センター大森病院のデイケア「イルボスコ」では,精神病発症危険状態(at-risk mental state:ARMS)の顕在発症予防,初回エピソード統合失調症(first-episode schizophrenia:FES)の予後の改善を目指した心理社会的治療による早期介入を目的として2007年5月より活動している.2015年9月末までの利用者は,総登録者数211名,利用者平均年齢は21.0歳,2014年10月末までの約7年間での社会復帰率(re-start rate:RR)は81.2%,利用脱落率(drop-out rate:DR)は16.6%であった.RRの向上やDRの低減を目指した工夫をしている.
キーワード
at-risk mental state
early intervention
psychiatric rehabilitation
注記 総説
言語
jpn
資源タイプ TOHO University Scholarly Publication
ジャンル Journal Article
著者版フラグ publisher
アクセス条件 東邦大学医学会
Index
/ Public / 東邦医学会雑誌 / 第63巻 / 3号(p.173-262)
関連アイテム


RIKENThe XooNIps Project