東邦大学学術リポジトリ 東邦大学
ホーム お問い合わせ ログイン
| ホーム ニュース |

Language

検索

     詳細検索

インデックスツリー


詳細



閲覧数:40
ID 35528955
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
本文 TOIZAG064002100.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 227.4 KB
Last updated : Sep 4, 2017
Downloads : 54

Total downloads since Sep 4, 2017 : 54
URI
タイトル 第149回東邦医学会例会:教育講演:非小細胞肺癌における免疫チェックポイント阻害剤:最近の話題
別タイトル
149th Regular Meeting of the Medical Society of Toho University: Educational Lectures:
著者
鏑木, 教平 (KABURAKI. KYOHEI)
東邦大学医学部内科学講座呼吸器内科学分野(大森)
[役割]Author
磯部, 和順 (ISOBE, KAZUTOSHI)
東邦大学医学部内科学講座呼吸器内科学分野(大森)
[役割]Author
出版地 東京
出版者 東邦大学医学会
形態
上位タイトル
東邦医学会雑誌 (Journal of the Medical Society of Toho University). Vol.64, No.2  (2017. 6) ,p.100- 102
識別番号
ISSN
00408670
DOI
URI
JaLCDOI info:doi/10.14994/tohoigaku.2017.64-02-100
抄録 肺癌は未だ予後不良な疾患であるが,近年腫瘍免疫療法のメカニズムが理解されるようになり,免疫チェックポイント阻害剤であるprogrammed cell death 1(PD-1)抗体が肺癌の臨床において使用されるようになり,新たな知見が報告されている.免疫機構は病原体などから生体を守る一方で,自己抗原に対する応答は起こらないよう生体防御と免疫寛容のバランスを保ち,自己への不適切な免疫応答や過剰な炎症反応を抑制している.癌細胞には,T細胞やnatural killer(NK)細胞により癌細胞を攻撃する際にPDligand 1(PD-L1)やPDligand 2(PD-L2)といったリガンドを発現し細胞障害性を抑制する機構がある.このPD-1やPD-L1に対する抗体により,癌細胞障害性を高めることが期待され,ニボルマブとペンブロリズマブという二種類の薬剤が現在の標準治療と比較し優れた成績を示したため,適応承認となった.しかし一方で,自己免疫疾患などの副作用,化学療法や異なる免疫チェックポイント阻害剤の併用による効果,依然として効果が示されない症例が過半数であること,高騰し続ける薬剤費,治療効果を予測するバイオマーカーの同定など今後の課題も多い.
キーワード
immune checkpoint inhibitor
PD-1
CTLA-4
NDC
注記 総説
言語
jpn
資源タイプ TOHO University Scholarly Publication
ジャンル Journal Article
著者版フラグ publisher
アクセス条件 東邦大学医学会
Index
/ Public / 東邦医学会雑誌 / 第64巻 / 2号(p.99-158)
関連アイテム


RIKENThe XooNIps Project