東邦大学学術リポジトリ 東邦大学
ホーム お問い合わせ ログイン
| ホーム ニュース |

Language

検索

     詳細検索

インデックスツリー


詳細



閲覧数:30
ID 31868882
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
本文 TOIZAG064001008.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 1.3 MB
Last updated : Jun 19, 2017
Downloads : 274

Total downloads since Jun 19, 2017 : 274
URI
タイトル 患者・肝臓・画像と共に歩んだ日々:肝の超音波検査について改めて語る
別タイトル
Ultrasound Imaging for Diagnosis of Liver Diseases
著者
住野, 泰清 (SUMINO, YASUKIYO)
東邦大学医学部内科学講座消化器内科学分野(大森)
[役割]Author
出版地 東京
出版者 東邦大学医学会
形態
上位タイトル
東邦医学会雑誌 (Journal of the Medical Society of Toho University). Vol.64, No.1  (2017. 3) ,p.8- 15
識別番号
ISSN
00408670
DOI
URI
JaLCDOI info:doi/10.14994/tohoigaku.2017.r007
抄録 びまん性肝疾患の診断は,肝実質の組織性状解析から始まる.それにはBモード超音波検査による詳細な検討が必須であるが,腫瘤性病変と異なり肝全体が病変であるびまん性肝疾患では,病変と非病変を同一画面上で比較できない.このように多少取り付きにくいびまん性肝疾患の超音波診断ではあるが,すでに臨床現場では欠くことのできない最も身近な診断ツールとなっていることも事実である.本講義ではこの役に立つツールをいかに考え使うかについて解説する.
Ultrasonographic characterization of liver tissue has been extensively studied; however, liver disease diagnosis using only ultrasound remains difficult. Despite this limitation, ultrasound is very useful for observing liver characteristics. This presentation describes how B-mode ultrasound can be used to diagnose liver diseases.
キーワード
liver disease
ultrasound
tissue characterization
liver disease
ultrasound
tissue characterization
NDC
注記 最終講義
言語
jpn
資源タイプ TOHO University Scholarly Publication
ジャンル Journal Article
著者版フラグ publisher
アクセス条件 東邦大学医学会
Index
/ Public / 東邦医学会雑誌 / 第64巻 / 1号(p.1-98)
関連アイテム


RIKENThe XooNIps Project