東邦大学学術リポジトリ 東邦大学
ホーム お問い合わせ ログイン
| ホーム ニュース |

Language

検索

     詳細検索

インデックスツリー


詳細



閲覧数:329
ID 24472758
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
本文 24472758.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 995.8 KB
Last updated : Sep 23, 2016
Downloads : 847

Total downloads since Sep 23, 2016 : 847
URI
タイトル 転倒につながるハイリスク行動と高齢者総合的機能評価の関連性
別タイトル
The relation between high-risk behavior which leads to falls and a comprehensive geriatric assessment
著者
前勝, 成子 (MAEKATSU, NORIKO)
東邦大学医療センター大森病院
[役割]Author
門田, 牧子 (KADOTAMA, KIKO)
元東邦大学医療センター大森病院
[役割]Author
黒木, 佳穂里 (KUROGI, KAORI)
東邦大学医療センター大森病院
[役割]Author
早野, 明子 (HAYANO, AKIKO)
東邦大学医療センター大森病院
[役割]Author
橋本, 裕 (HASHIMOTO, YUTAKA)
東邦大学医療センター大森病院
[役割]Author
田中, 優子 (TANAKA, YUKO)
東邦大学医療センター大森病院
[役割]Author
出版地 東京
出版者 東邦看護学会
形態
上位タイトル
東邦看護学会誌 (Journal of Toho Society for Nursing Research). No.13  (2016. 3) ,p.7- 13
識別番号
ISSN
21855757
DOI
URI
JaLCDOI info:doi/10.14994/tohokango.13.7
抄録 【目的】転倒につながるハイリスク行動と高齢者総合的機能評価(CGA)の関連性を明らかにし、高齢者の転倒リスクの評価方法について検討する。【方法】入院した65歳以上の高齢者52名にCGAの共通項目のBarthel Index(BI)、改定長谷川式簡易知能評価スケール(HDS-R)、高齢者抑うつ尺度5(GDS5)を実施し、ハイリスク行動を追跡した。所属施設倫理委員会の承認を得て実施した。【結果】転倒につながるハイリスク行動の有無であり群、なし群に分類し、BI、HDS-R、GDS5の合計点で有意差がみられた。BIでは階段昇降、排尿コントロール、GDS5では生活の満足感、生きることへの意欲、無力感でも有意差がみられた。【考察】認知機能が維持された状態でADLが低下しうつ傾向であるとハイリスク行動をおこしやすく、また身体能力や認知力と同様に、精神面も考慮する事が重要と考える。階段昇降に介助が必要であることや失禁が見られることは転倒につながるハイリスク行動をおこしやすいと言える。以上より転倒につながるハイリスク行動とCGAには関連性があることが示唆された。
キーワード
高齢者
高齢者総合的機能評価
ハイリスク行動
転倒
NDC
注記 研究報告
言語
jpn
資源タイプ TOHO University Scholarly Publication
ジャンル Journal Article
著者版フラグ publisher
アクセス条件 東邦看護学会
Index
/ Public / 東邦看護学会誌 / 第13号
関連アイテム


RIKENThe XooNIps Project