東邦大学学術リポジトリ 東邦大学
ホーム お問い合わせ ログイン
| ホーム ニュース |

Language

検索

     詳細検索

インデックスツリー


詳細



閲覧数:658
ID 15407694
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
本文 15407694.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 995.9 KB
Last updated : Apr 9, 2013
Downloads : 881

Total downloads since Apr 9, 2013 : 881
タイトル P2Pシステムにおける検索負荷分散方式に関する研究
別タイトル
Enhancement on load balancing method in P2P system
著者
唐, 叡
理学研究科情報科学専攻
[役割]Author
author
出版地 千葉
出版者 東邦大学
上位タイトル
東邦大学理学修士論文(情報科学専攻)平成23年度 (2012. 3) ,p.1- 36
抄録 現在、P2P システムは、ネットワークをより効率よく運用できる方法として、ファイル共有などの様々な応用に利用されている。P2Pシステムにおける重要な機能に、情報が存在するノードを検索する技術がある。一般に情報検索においては、人気のあるコンテンツに対してクエリ(問い合わせ)が集中する問題があり、キャッシュがその問題点を緩和する方法として利用されてきた。しかし、従来の方式は効率が悪かったり、管理の手間がかかるものであった。本研究ではクエリの到着頻度に応じて、キャッシュの作成確率が高くなることで、人気が高いノードにはキャッシュが作成されやすくなる方式を提案する。また、キャッシュに有効期限を設けることで、アクセスがなくなったキャッシュは自動的に消去される方式にすることで、管理の手間を掛けない方式を提案する。この提案方式を、シミュレーションによって評価し、従来方式と比べて検索ホップ数を改善するとともに、保持すべきキャッシュの量を削減できることを明らかにした。
注記 学位所得年月: 2012年3月 / 指導教員: 佐藤文明
言語
jpn
資源タイプ Master Thesis
ジャンル Thesis or Dissertation
Index
/ Public / 学位論文 / 修士論文 / 理学研究科 / 2011年度修士論文
関連アイテム


RIKENThe XooNIps Project