東邦大学学術リポジトリ 東邦大学
ホーム お問い合わせ ログイン
| ホーム ニュース |

Language

検索

     詳細検索

インデックスツリー


詳細



閲覧数:457
ID 00967305
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
本文 TOIZAG059004183.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 349.6 KB
Last updated : Jul 22, 2013
Downloads : 4028

Total downloads since Jul 22, 2013 : 4028
タイトル 第139回東邦医学会例会特別講演:20年間の感染対策からみた日本の手術の優秀性:日本の手術患者は米国に比べて165倍も幸せ
別タイトル
139th Regular Meeting of the Medical Society of Toho University Special Lecture: Surgical excellence in Japan in infectious disease control during the past 20 years: Surgery patients in Japan are 165 times happier than those in the United States
著者
草地, 信也 (Kusachi, Shinnya)
東邦大医学部外科学講座一般・消化器外科学分野(大橋)
[役割]Author
publisher
出版地 東京
出版者 東邦大学医学会
上位タイトル
東邦医学会雑誌 (Journal of the Medical Society of Toho University). Vol.59, No.4  (2012. 07) ,p.183- 189
識別番号
ISSN
00408670
JaLCDOI info:doi/10.14994/tohoigaku.59.183
抄録 1999 年に発表されたCenters for Disease Control and Prevention(CDC)によるsurgical site infection(SSI)予防のための最新ガイドラインは日本の周術期管理に大きな影響を与えた.当初は,米国のサーベイランスをはじめとするさまざまな感染対策の手法が競ってとりいれられたが,約20 年が経過して日本と米国の違いも明らかになってきた.1 つは日本の手術関連死亡率の低さであり,実に米国の1/5-1/10 である.また,癌手術の5 年生存率は欧米に比較して10% ほど良好である.しかも,手術費用は1/15,入院期間では2 倍も入院していることができる.ざっと計算して日本の手術患者さんは165 倍幸せである.その理由は,日本では高いレベルのエビデンスがない治療方法でも行うことができることである.また,日本では従来から外科医がすべての術後感染症を治療しており,また,そのことが手術術式,周術期管理を発達させてきたことである.The US Centers for Disease Control and Prevention (CDC) 1999 guidelines for preventing surgical site infection (SSI) had a substantial impact on preoperative management in Japan. In the past, various infection-control measures were competitively introduced in Japan, including surveillance of the United States. Since then, 20 years have passed, and the differences in infection control between Japan and the United States are obvious. Postoperative mortality in Japan is 3.4% to 20% that of the United States. The 5-year survival rate after cancer surgery is 10% higher than that in the United States. Furthermore, the expenses incurred for surgery are 6.7% those of the United States, and the duration of hospitalization is double that of the United States. A rough calculation shows that patients undergoing surgery in Japan are 165 times happier with the outcome than are those in the United States. This is because it is possible to use surgical methods that are as yet unsupported by high-level evidence and because surgeons treat all postoperative infections in Japan, of which have resulted from advanced operative methods and careful preoperative management in Japan.
キーワード
MRSA
外科感染
術後感染
手術部位感染
surgical infection
SSI
postoperative infection
注記 総説
言語
jpn
資源タイプ TOHO University Scholarly Publication
ジャンル Journal Article
アクセス条件 東邦大学医学会
Index
/ Public / 東邦医学会雑誌 / 第59巻 / 4号(p.159-224)
関連アイテム


RIKENThe XooNIps Project