東邦大学学術リポジトリ 東邦大学
ホーム お問い合わせ ログイン
| ホーム ニュース |

Language

検索

     詳細検索

インデックスツリー


詳細



閲覧数:617
ID 00916868
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
本文 TOIZAG059003138.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 503.0 KB
Last updated : Jul 22, 2013
Downloads : 3180

Total downloads since Jul 22, 2013 : 3180
タイトル 第139回東邦医学会例会特別講演:薬物性QT延長症候群:現状と展望
別タイトル
139th Regular Meeting of the Medical Society of Toho University Special Lecture: Drug-induced long QT syndrome: Present and future
著者
杉山, 篤 (Sugiyama, Atsushi)
東邦大学医学部薬理学講座
[役割]Author
publisher
出版地 東京
出版者 東邦大学医学会
上位タイトル
東邦医学会雑誌 (Journal of the Medical Society of Toho University). Vol.59, No.3  (2012. 05) ,p.138- 143
識別番号
ISSN
00408670
JaLCDOI info:doi/10.14994/tohoigaku.59.138
抄録 薬物性QT 延長症候群の発生を予測するためには,生体に投与された薬物が,心臓に分布し,K+チャネルを遮断,その結果QT が延長して,素因のある病的心においてはtorsades de pointes(TdP)という致死性不整脈を起こすまでの各段階を検証する必要があり,それに特化したモデルが必要である.われわれは「非臨床で得られた情報を薬物性QT 延長症候群の臨床へ外挿する」,いわゆる「動物からヒトへのトランスレーショナルリサーチ」としてイヌやサルを用いた慢性房室ブロックモデルを開発し薬物性TdP モデル動物として実用化してきた.これらのモデル動物を用いることで薬物の催不整脈リスクを前臨床段階で検出することが可能になった.最近,われわれは成豚体重10 kg 未満の超小型ミニブタ(登録名:マイクロミニピッグ,Microminipig)を用いて同様の病態を有するモデル動物の開発に成功した.これらイヌ,サル,ブタでの3 種のモデル動物を使い分けることにより,より信頼性の高い安全性薬理試験が可能である.Manynon-cardiac drugs and antiarrhythmic drugs induce repolarization delaybyinhibit-ing a rapid component of delayed rectifier K+currents in the heart. These drugs can cause torsades de pointes (TdP) in some patients, even though the drugs did not result in QT prolongation in preclinical animal experiments or clinical studies. We have extensivelyinvestigated how to better predict the onset of drug-induced TdP in preclinical studies, which has led to the development of 3 animal models of TdP that exhibit chronic atrioventricular block. In a canine model, test substances were administered per os to conscious dogs more than 4 weeks after induction of atrioventricular block, because electrophysiologic, anatomic, histologic, and biochemical adaptations against persis-tent radycardia-induced chronic heart failure are complete within 4 weeks. On the basis of results from pharma-cologicallytreated animals, drugs were classified into high, low, or no risk. High-risk drugs induced TdP at 1 to 3 times the therapeutic dose. Low-risk drugs induced TdP onlyat much higher doses. No-risk drugs did not induce TdP at anydose. In addition, we developed TdP models using cynomolgus monkeys and Microminipigs. These models showed essentiallythesamepathophysiologic adaptations and drug responses as those seen in the canine model.These in vivo TdP model animals will provide important information for identifying the risks of new drugs during pre-clinical development.
キーワード
薬物性QT 延長症候群
TdP
再分極予備力
催不整脈モデル
K+チャネル
drug-induced long QT syndrome
repolarization reserve
proarrhythmia model
K+channel
注記 総説
言語
jpn
資源タイプ TOHO University Scholarly Publication
ジャンル Journal Article
アクセス条件 東邦大学医学会
Index
/ Public / 東邦医学会雑誌 / 第59巻 / 3号(p.111-158)
関連アイテム


RIKENThe XooNIps Project