東邦大学学術リポジトリ 東邦大学
ホーム お問い合わせ ログイン
| ホーム ニュース |

Language

検索

     詳細検索

インデックスツリー


東邦大学学術リポジトリで研究業績を公開するときの注意事項

2017年2月9日
東邦大学メディアネットセンター

雑誌掲載論文・著書・学会発表資料等を東邦大学学術リポジトリ (以下 リポジトリ) で公開するときは、以下の事項を確認してください。

困った時はメディアネットセンターまでお問い合わせください。

インデックス

全体の流れ

各Checkについて、以下で説明します。

【CHECK1】共著者の許諾

論文等に共著者がいる場合、リポジトリで論文を公開してよいか、必ず許諾を得てください。書面、メール、口頭等、許諾の形式は問いません。メディアセンターへ報告の必要もありません。リポジトリでの公開ついて、許諾が得られない場合は、公開はできません。

【CHECK2】出版者・学協会の許諾

出版されたものは、著作権の一部が発行元に譲渡されている場合が多いです。そのため、リポジトリ等、掲載された媒体と異なる手段で公開する場合には、著者だけでなく学協会・出版者の承諾も得なければならない場合があります。

以下の方法でリポジトリでの公開が可能か確認してください。

雑誌掲載論文の場合

学術雑誌を発行する学協会は、雑誌ごとにリポジトリでの公開のポリシーを定めている場合が多いです。以下のデータベースで、リポジトリ公開時のポリシーについて確認できます。

上記のデータベースで確認できなかった場合や不明の場合は、各学会等に個別に確認してください。

上記データベースで「White」の場合、または、学会等に確認した結果リポジトリでの公開が不可だった場合は、リポジトリで公開することはできません。

【用語解説】Green / Blue / Yellow とは?

Green / Blue / Yellowとは、インターネット等での論文の公開ポリシーを表しています。
ただし、別途定める公開条件(General Conditions)等でリポジトリでの公開が制限されている場合もあります。
各論文の公開ポリシーのカラーだけではなく、必ず公開条件も確認するようにしてください。

  • Green:査読前(pre-print)・査読後(post-print)のどちらの論文でも公開が可能です。

     ただし、出版社版(publisher's version)の公開は、出版社が認めている場合のみ可能です。
     著者最終稿のみ、と指定がある場合は、受理(accept)された最終原稿のみ公開が可能です。

  • Blue:査読後の論文のみ、公開が可能です。

     ただし、出版社版の公開は、出版社が認めている場合のみ可能です。
     著者最終稿のみ、と指定がある場合は、受理された最終原稿のみ公開が可能です。

  • Yellow: 査読前の論文のみ、公開が可能です。

     査読前の最初に投稿した論文原稿のみ公開が可能です。

著書の場合

出版者側に直接確認してください。出版社が不可とした場合は、リポジトリで公開することはできません。

学会発表資料の場合

ポスター発表やスライドをリポジトリで公開する場合は、学会事務局に確認してください。

抄録集等に掲載された記事等を公開する場合は、以下のデータベースご確認ください。不明の場合は、学会等に確認してください。

上記のデータベースで確認できなかった場合や不明の場合は、各学会等に個別に確認してください。

上記データベースで「White」の場合、または、学会等に確認した結果リポジトリでの公開が不可だった場合は、リポジトリで公開することはできません。

リポジトリ公開後の著作権について

著作権の権利者は変わりません。

リポジトリでの著作物の公開にあたって、権利者は、東邦大学に対し、公衆送信権(インターネット上で公開する権利)と複製権(サーバーに保存する権利)の許諾を行っているということになります。

問い合わせ先

  • 東邦大学メディアネットセンターリポジトリ担当 ir-staff@ml.toho-u.ac.jp
RIKENThe XooNIps Project